労務相談・

労働基準監督署調査対応

Labor problems

労務相談

今起こっている問題解決だけではなく、問題を未然に防ぐご提案をいたします。

従業員の権利意識の高まりや、働き方改革やワークライフバランスといった考え方が広がってきたことから、労務を巡っての相談やトラブルが年々増えてきています。多様化する労務に関する相談やトラブルに対しての解決策や未然防止策を、真摯に向き合ってご提案いたします。

労働基準監督署調査対応

調査通知が来てからの事前対応、是正勧告を受けた場合の報告書の作成支援はお任せください。

労働基準監督署の調査は、労働基準法の定めるところにより労働基準監督官が各事業所に対して、労働法令に違反しているかどうかについて確認を行うことをいいます。

その結果労働基準法に違反している事実が判明した場合や、改善すべきと思われる事項については、「是正勧告書」等が交付されることになります。企業は、指摘を受けた内容について今後の対策を検討し報告する必要があります。

この対応をとらずにそのままにしておくなど、悪質とみなされた場合、検察庁へ書類送検されてしまうこともあります。

この労働基準監督署の調査は臨検(=立ち入り調査)や事業所調査(=呼び出し調査)と言って、これを拒否することは原則として出来ません。最近は労働者側の権利意識の高まりから、労働者の申告による調査が急増しており、それが是正勧告増加の要因の一つになっているようです。

調査の通知が来たが、どのような対応をしていいのかわからない場合など事前にお問い合わせ下さい。また、調査後の是正勧告書を受けられた場合、今後の労務管理状況などを確認して、御社にあった適切な報告書の作成支援をさせていただきます。

ご相談・ご依頼はこちらから

受付時間:9:30~17:00(土日祝を除きます)

TEL.06-6777-3096

または、

TEL.06-6777-3096

受付時間:9:30~17:00(土日祝を除きます)

Copyright©2020kirara社会保険労務士事務所

〒543-0051

大阪市天王寺区四天王寺1-8-12創生館ビル5F